FC2ブログ
思うがままにならない人生、せめて日々のんびり適当に生きたい。そんな私のブログへようこそ。
2017年08月14日 (月) | 編集 |
前回から始まったゼノブレイド冒険記、第二回目です。

前回は旅立ちの舞台・コロニー9からお届けしました。コロニー9で旅行の準備を整えたら広い世界へと飛び出しましょう。我らが主人公のシュルクくんも長い間引きこもっていた故郷コロニー9からついに巣立ちする決心をしたようです。

そして早速ですが前回コロニー9の案内役を努めてくれた我らがヒロインのフィオルンちゃん、今回の旅には同行しません!しかしこれには深い事情があるのです。

前回シュルクとラインを連れてコロニー9の町案内を務めてくれた彼女ですが、あの後コロニー9に観光旅行に来たヤンキー機神兵一団によってコロニー9は荒らされてしまったのですよ!
その騒動のどさくさ中に全身日焼けした真っ黒ボディのチャラい機神兵にナンパされたフィオルンちゃんはシュルクくんの目の前で後ろからぶっ刺され、あまりの刺激の強さに一発昇天。黒機神兵に寝取られてフィオルンちゃんは永い眠りについたのでした。

その後その黒いやつはシュルクくんと兄貴のダンバンさんに不敵な笑いを投げかけて殺り逃げしてしまいます。ショック&絶望で激おこぷんぷん丸のシュルクくんはモナドをかっさらってラインをお供に黒い機神兵へ復讐するために旅立つ事を決めたのです。


そんな訳でフィオルンちゃんが抜けてしまいコロニー9から旅立つのはシュルクくんとラインの男臭い2人組です。え、がっかり?それはそうでしょうね。男だけの観光旅行など面白みが欠片もないやはり旅行は女性がいてこそです。
しかし心配はありませんよ!フィオルンちゃんは抜けてしまいましたが今回からは代わりに別の女性が参加してくれます。紹介しましょう。今回からの新パーティメンバー、コロニー6出身のカルナさんです。



ゼノブレイド_007
新たな3人目メンバーはお色気担当系お姉さんです。


え、おばさん?ま、まあ人によって好みは分かれるでしょうね。ちなみに私調べによるとフィオルンちゃんが良かった派76%、カルナさんのほうがいいよ派は24%だそうです(調査人数:1人)。世の中はロリコンが多いですねぇしかしカルナさんのおかげで男臭さは紛れたでしょう。なかには逆に強まったという意見もありますが。

ともかく今回からはシュルクくん・ライン・カルナさんの三人旅でお送りしたいと思います。


------------【続きはここから】--------------

【テフラ洞窟】

というわけで黒い機神兵を追ってコロニー9を後にするシュルクくんとラインですが、コロニー9から旅立つ旅人がまず最初に必ず訪れるのが「テフラ洞窟」です。
というのも巨神の足元に位置するコロニー9はテフラ洞窟を通らなければどこにも行けないという不便な場所にあるのです。逆にその立地が防衛には一役買っているのですが。

そのテフラ洞窟は自然にできた空洞とはるか古代の物らしき謎の大型飛行船がうまく合体した奇妙な地形になっています。最初は普通の洞窟なのですが奥に進むと道が自然に飛行船の入り口とドッキングしており、更に進んでいくとまた自然な形で岩の洞窟につながるという珍しい地形をしているのです。
このため本来はただの街道なのにオーパーツ好きの観光客から割と好評を得ているという妙な形で観光地化しています。

しかし最近では土砂崩れが起きて昔から使われていた安全な道が通れなくなり、代わりに新しく発見された抜け道は洞窟の奥に巨大なクモが生息している危険な街道となってしまいました。そういった理由で弱い旅人は途中でモンスターの餌になることが多く、テフラ洞窟はある意味でこの先の旅を続けられるかどうかの試練道という役割を担っております。

まあこの洞窟を抜けられないようではこの先の旅など夢のまた夢ですしちょうどよいでしょう

深部にはやや狭いですが綺麗な水が流れる地中湖があります。もしたどり着ければぜひ水浴びしていってください。


ゼノブレイド_008
モンスターだらけの狭苦しい洞窟を進む旅人たちにとってオアシスの役割を果たす地中湖。ここには地下生物も多い。奥の壁には滝も流れている。



そしてこのテフラ洞窟を通り抜けることができた旅人や商人が目にするのは我ら巨神界の生物にとって敵の世界である機神界。旅人の多くがこの眺めに圧倒されます。この景色をためだけでも旅立つ価値は充分にありますよ。


ゼノブレイド_009
夜は目の部分が怪しく光る機神界。昼間の圧倒的な存在感とはまた違う魅力がある。



【巨神脚】

テフラ洞窟を抜けるとたどり着くことのできる巨神脚は毎年何百人ものホムスやノポン族が訪れるという巨神界でも随一の観光名所です。

狭い洞窟を必死で抜けてくると私たち旅人の前に突然広大な草原が姿を表します。ガウル平原です。ここには多くの動植物が生息し、その広さと相まって巨神の雄大さをまじまじと感じることのできる一大スポットとなっているのです。


ゼノブレイド_010
目の前に広がる大自然に心打たれること間違い無し。



ここで見られる生物は実に多彩でフラミンゴやサイのような外見をしたおとなしい動物から狼のような危険なやつ、中には私たちの背丈を優に超える巨大生物も見かけることができます。
それに伴い彼らのレベルも様々で、テフラ洞窟を抜けた時点の旅人でも問題なく倒せるモンスターもいれば感動して近づいた所を一撃で倒されここで旅を終える冒険者も少なくありません。私たちに自然の偉大さとともに自然の厳しさをも教えてくれるガウル平原を冒険する際は油断は禁物です。


ゼノブレイド_012
今まで見たことのないような巨大なモンスターと遭遇することも。



ゼノブレイド_013
中には独自の文化を持った獣人族もいる。運良く出会えれば奇妙な歌と踊りで歓迎してくれるだろう。



多くのモンスターが住んでいるガウル平原ですがその中でも特に危険なのがゴリラです。ここに住むゴリラたちはどいつもこいつもレベルが高く、まともに戦えばまず助からないでしょう。間違っても近づかないように。


ゼノブレイド_011
ガウル平原の支配者はゴリラ。彼らの腕力は全てを粉砕する。



また草原の各地にはいつの時代のものかも分からないような謎の遺跡がぽつぽつと残されています。野生生物の観察に飽きたらそのオブジェを探してみて物思いにふけるのも一興です。


ゼノブレイド_018
いつ誰が何のために作ったのか?真実は過去の幻影である。



ガウル平原の奥地にはキノコのような奇妙な形の足場が点在するラグエル湖が広がっています。ここはぜひキノコ台地を散歩してみたいところですが、残念なことにキノコ台地には高レベルのリスっぽいモンスターが多数生息しています。
ラグエル湖の中央にかかるラグエル大橋のほうは安全なので逃げ足に自信のない人は橋の上からじっくり観察してみましょう。


ゼノブレイド_014
初めて訪れた旅人が奇妙な形の岩に度肝を抜かれるラグエル湖。下の湖付近は比較的安全なのでここで一休みしていくのもよいだろう。



このラグエル湖を街道に沿って進み、湿原にかかる橋を2つ越えるといよいよ次の目的地・コロニー6が見えてきます。
街道から左にそれると風鳴りの空洞と呼ばれている洞窟もありますがこちらは非常に危険です。狭い上に凶悪なレベルのモンスターがウヨウヨいるので特に用がなければ(用があるはずもないけど)近づかないようにしましょう。

では次回は次の目的地、ホムスの町コロニー6からお届けします。またね!



【特別企画】

『おシュルとライコのドキドキ☆ファッションチェック!』


おシュルとライコ_01



【チェックNo.1】 シュルク 18歳 研究員 

今日のファッションテーマ『とりあえず動きやすい格好で』


ゼノブレイド_015



おシュルとライコ_02



総合評価 30点/100点




【チェックNo.2】 ライン 18歳 防衛隊員 

今日のファッションテーマ『どんな攻撃も防いでみせるぜ!』


ゼノブレイド_016



おシュルとライコ_03



総合評価 80点/100点




【チェックNo.3】 カルナ 21歳 衛生兵 

今日のファッションテーマ『捨て身特攻イケイケギャル風癒し系美魔女』


ゼノブレイド_017



おシュルとライコ_04



総合評価 45点/100点


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する