FC2ブログ
思うがままにならない人生、せめて日々のんびり適当に生きたい。そんな私のブログへようこそ。
2017年10月11日 (水) | 編集 |
前回はあまりにも高いところから落ちてしまった衝撃で頭を打って異世界に迷い込んでしまったシュルクくん。今回から「リンク」という別人になりすましつつ冒険していきたいと思います。

リンクは人里離れた山奥で自給自足の生活をしていた変な爺さんから「とっとと目的地へ行け」と促されるも、拒否!こんな謎だらけの世界に迷い込んでしまったからにはもっと辺りを探索したいと思うのが人間の常です。

そもそもリンクを呼び出しているナニモノかは一体何様のつもりなんでしょう!?こちとらよく分からない世界に急に放り出されたうえに持ち物は誰かが用意したボロの古着一式だけです。そんな生きるか死ぬかがかかっているような状態でわざわざどこの誰かも分からない相手に会いに行くほどヒマじゃねーよ!

まずは食い物を探さなければ餓死してしまいます。幸い近くに魚が泳いでいる池があったので飛び込んで魚を追い回していると突然池の中から変な生物が登場



ゼルダBoW_011_2
よそではなかなか見かけない奇抜なお顔をしてますね。



突然出てきて勝手に1人語り始めたこの訳の分からないモンスターのような顔した生き物の話によると、こいつらはコログとかいう精霊?らしいです。精霊ってもっとキュートな見た目してませんでしたかね?本当は悪霊と言われてもすんなり納得してしまいます

で、このコログがなんか臭うクッサイ木の実を渡してきてですね、これをどっかのだれかに返しておいてくれと一方的に押し付けてきたわけですよ。普通見ず知らずの他人に借り物の返却を任せますか?しかもその誰かさんがどこにいるのかも分かりませんしねぇ。
まあ旅のついでにもし見かけたら返しておきますよ。いつになるかは分かりませんがね


------------【続きはここから】--------------

そんなわけでまた面倒な用事が増えてしまったリンクですが、気を取り直して辺りの探索に戻ります。このあたりは一面人里も見当たらないような山奥なだけあり、ドングリ・キノコ・リンゴといった山の幸だけはそこら中で採集できました。当面の餓死は防げそうです。

しかも探索しているとなぜか都合よく誰かが残していった空鍋と薪木を発見。これで火で焼いただけの単純な調理ではなくもっと凝った美味しい料理が作れます。ですが肝心の火種がないのでちょっと遠くのジイさんの焚き火から松明を使って火を運びます。その姿はまるで聖火ランナーです。



ゼルダBoW_011
美味しいご飯のために聖火を抱いて走れリンク!



またこの辺りで記念すべき最初の戦闘がありました。初バトルはボゴブリンとかいうチビスケです。



ゼルダBoW_010_1



人が見当たらない代わりにこの辺りはボゴブリンたちの縄張りらしく、ボゴブリンの原始的な集落というかキャンプ場があちこちにいくつもありました。まあ一番最初に遭遇する雑魚モンスターだけあって簡単に倒せましたがね( ̄▽ ̄)
あとはスライム?のような青いプニプニしたモンスターとも戦闘。目覚めたばかりのリンクでも木の枝や松明を武器に余裕で蹴散らせる敵たち。ジイさんが独りで山ごもりできるのも納得です。


運動の後はお待ちかねの食事タイム。わざわざ火を運ぶ手間をかけた甲斐があり鍋料理はただ素材を焼いただけより格段に味が良くなります。軽快な音楽と共にコトコト煮込んでリンク3分クッキングです。



ゼルダBoW_012
材料選んで煮込むだけ。愉快なBGMで完成です。



まだ冒険は始まったばかりの最序盤ですが大自然の中なので山菜・木の実・鳥の卵・鶏肉など料理に使える食材はけっこう豊富で、鍋一つで結構色々な料理を作れるのです。今回はそんな多彩な料理の一部を紹介しましょう。


・焼きバス

ゼルダBoW_料理_焼きバスゲームやアニメではおなじみのお魚の丸焼き。ただ焼いただけというそのシンプルさにも関わらずいかにも美味しそうなアウトドア料理の代表格。ゼルダでも丸焼きしただけでとてもうまく仕上がりました。回復力も材料が魚一匹にしては多めです。魚を捕るのがちょっと大変ですがおすすめです。


・焼きケモノ肉

ゼルダBoW_料理_焼きケモノ肉料理といえばやっぱり肉です!というわけでこんがり焼けた焼きケモノ肉。とってもジューシー!
ただしこれはボゴブリンがキャンプ場で焼いていたのを拝借したやつ。野生のケモノをハントするのは骨が折れます。


・たまご焼き

ゼルダBoW_料理_たまご焼きうずらの卵を焼いて作ったたまご焼き。ハート3の初期リンクには嬉しい一気に2も回復する絶品料理。しかし材料が卵一つなのになぜトマトやパセリの添え物が付いているのか。一体どこから出てきたんだ・・・。まさに料理は魔法だねっ!


・包み焼きキノコ

ゼルダBoW_料理_包み焼きキノコキノコにハイラル草という薬草を混ぜて作ったキノコ料理。山の幸フルコースは贅沢にハートを4も回復してくれる。ただの山菜盛り合わせだが今のリンクにはご馳走だ。葉っぱのお皿が哀愁をそそる。




ここでは4種類の料理を載せましたが実際には食材の組み合わせでほかにもたくさんの料理ができます。混ぜる材料によってはハートの回復だけでなくガンバリゲージという名のスタミナ回復料理や、野生生物や敵に気づかれにくくなる効果を持った料理も作れるようです。また同じ料理でも入れる材料の数を増やすと回復する量が増えたりとかするので自分のお気にレシピを探してみるのも良いですね。


しかしこうなるともっともっと美味しい物を作ってみたくなるものです。とくに魚や肉料理!山で採れるもの中心だと山菜とかキノコのようなヘルシー料理ばっかりですからね。サバイバルにはもっとスタミナが付く食材が必要です。
というわけで近くにいたイノシシを追いかけるのですが一向に捕まりません!こいつら野生のケモノだけあって近づくと気配を察知するし武器や弓を出すととたんに逃げ出します。おまけに足も早いのであっという間に逃げられてしまうのです。



ゼルダBoW_013
自然界で鍛えた脚ですぐに逃亡するイノシシちゃん。おかげでイノシシ肉にありつけません。



イノシシは弓を使っても一発では仕留められないし、そもそも逃げ惑うので追いかけながらでは当てられず。鳥なら一発で仕留められますが貴重な矢を鳥なんかに使いたくないし・・・。自然は厳しいです。

そんなわけでボゴブリン製の怪しいお肉で肉食願望を誤魔化しつつイノシシを追いかけ回していると今度は動く岩の化物に遭遇。中ボスみたいなやつでしょうか?
なにやら間の抜けるようなBGMの中でどう倒すか悩んでいると背中に弱点らしい黒い石の部分を発見。前回の特訓を活かす時が来ました。ワンダと巨像のごとく身体によじ登って殴りつけます。



ゼルダBoW_014
さすがはゴリラパワー。動く岩魔人の身体ですら難なく登ることができます。



上に登って黒い弱点の石を殴るところまでは行けたのですが、中ボスらしきモンスターだけあり体力はハンパないです。現在持っている武器を全部折れるまで殴りつけても削りきれません。うーむ、こいつを倒すにはもっと筋力をつけるか、それとももっと強い武器か耐久度の高い武器が必要ですねぇ。



ゼルダBoW_017
全部消費しても7~8割程度までしか傷つけられず。素手では殴れない模様。類人猿から進化してしまった人間の悲しき差です。



何度チャレンジしても倒しきれないので仕方なく放置して腹いせに近くのボゴブリン集落を襲撃。なんか良いものないかなーと探しましたが原始的な生活をしている彼らの村には大したものはありませんでした。



ゼルダBoW_015



近くでいくつも木の箱を発見。ジイさんからもらった木こりの斧で壊せるのですが斧が途中で壊れてしまいます。なんとか開けれないかなーと火で燃やしてみたりもしましたが、中に矢が入っていたので火で燃えてしまう危険性を考え別の破壊方法を思案中、ふと思いつきました。



ゼルダBoW_016
矢は貴重品です。燃やす訳にはいきません。



さっきの岩魔人のところまで運んでいったらビンゴ!彼がリンクをぶん殴ろうとしたパンチで箱を壊してくれました!箱を開けるという目的にも色んな手段があるのって面白いですねー!なお残念ながら矢は入ってなかった模様。


というところで今日は終了です。なんとか岩魔人をぶっ倒したいのですが武器が足りない!しばらく周辺の探索を続けつつ次はそろそろ目的地に向かう、かもしれません。逆に目的地をガン無視して別の方向へ旅することも可能なのかしら?ほかにどんなところがあるのか期待が止まりません。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する