FC2ブログ
思うがままにならない人生、せめて日々のんびり適当に生きたい。そんな私のブログへようこそ。
2017年12月28日 (木) | 編集 |
辺境の村まで来てみたら変人ぞろいだったハテノ村。そのハテノ村内でも特に変人と囁かれている人物のいるハテノ古代研究所へとこれから向かいます。

なお村人からの情報によるとハテノ古代研究所にいるのはシーカー族の老人男女2名だそうです。なるほど、なぜインパ様たちですら直せないシーカーストーンがカカリコ村の外の人間に直せるのか?とずっと疑問だったのですがようやくその疑問が解けました。これから訪れる彼らもシーカー族だったのです。

しかしそうするとまた新たな疑問が出てきました。シーカー族の人がなぜわざわざカカリコ村から離れてこんな辺境の町で暮らしているのでしょうか?それと村の子供たちによるとハテノ古代研究所で少女を見た、という証言もありました。しかし村長さんや他の大人たちの話では住んでいるのは老人2名だけらしいのですがどういう事なのでしょうか。

まあそれらの答えは実際に会ってみれば分かることでしょう。


ゼルダの伝説BoW_316
研究所と名乗っていますが外観はあばら家みたいです。


------------【続きはここから】--------------

ハテノ古代研究所に入ってみると中にいたのは、小学生?


ゼルダの伝説BoW_317
ランドセル背負ってますよ!ランドセル!


爺と婆の2人組だと聞いていたのですが中にいたのは女の子とおっさんらしき人物です。婆さんらしき人の姿は見当たりません。なぜここに女の子がいるんでしょうか?
ともかく彼女に話しかけてみるとすでにインパ様からシーカーストーンを修理してもらう旨の連絡が入っていたらしく、所長の爺さんに直接話してほしいと言われました。見た目からすると爺さんって歳でもなさそうですが。


ゼルダの伝説BoW_318



やはりシーカーストーンを知っているようです。おっさんに見せてみるとなにやら訳の分からないことを言われました。


ゼルダの伝説BoW_319
基本アイテムとはなんですか?


ちょっとよく分からないのですが、本来あるはずのものがリンクのシーカーストーンには無いようです。そして詳しい事は所長に直接聞いてくださいと言われました。


ハテノ古代研究所の所長は後ろの女の子だそうです。


ゼルダの伝説BoW_320



さっき爺さんが所長と言ったのはリンクを驚かすための嘘だそう。まあ実際に驚きましたけれど。いわゆる天才少女というやつでしょうか?
それだけでもびっくりなのですが、なんと彼女プルアちゃんは実年齢120超え、そしてインパ様やハイラル王たちと同じく100年前からのリンクの知り合いだったようなのです。


ゼルダの伝説BoW_321
あいにくロリ趣味はありません。



謎の小学生かと思ったら究極ロリババアだったプルアちゃん、いやプルア婆さん。一体なぜこのような幼き姿をしているのでしょう?それについて尋ねようとすると「それは乙女の秘密だよ♪」と言葉を濁すプルア婆さん。

一体過去に彼女に何があったのでしょうか?元々はどのような姿でどういう事情があって小学生の体になっているのか。もしかしたら本来のプルア婆はスーパー格闘家でその鍛えまくった身体が嫌で隠しているのでしょうか?


チェッキーの本当の姿
プルア婆の正体予想




それともまさか、イーガ団が飲むと背が縮んでしまう毒薬を開発してそれを飲まされてしまったためにこの辺境の村に隠れ住んでいるのでしょうか?イーガ団の技術力、恐るべし(((;゚ρ゚)))

チェッキーの本当の姿02
プルア婆の正体予想2



プルア婆は「なぜこうなったかは上の階の日記に書いてあるけど見るなよ?絶対見るなよ?」と念を押して注意してくれたのでご要望どおりに階段を上がって上階のプルア婆私室の日記を盗み見に行きます。


プルア婆の部屋ってまるで学校の教室ですね。


ゼルダの伝説BoW_322
なんというセンスのインテリア。私ならこんな部屋で暮らしたら発狂しますね



プルア婆の部屋にあった学習机風のデスクの上に内容を読んで下さいとでも言っているように日記帳が開いて置いてあったのでありがたく読ませてもらいました。そこに書かれていたのは衝撃の内容でした・・・!


なんと、100年前に起きた厄災は全てプルア婆とゼルダ姫が仕組んだことらしいのです!

ずっと疎遠関係にあったシーカー族とハイラル王家ですが、ある時ゼルダ姫が密かにプルア婆に使者をよこしたそうです。そしてプルア婆にアンチエイジング技術の開発を依頼する代わりにハイラル王国の軍事費を研究費用として横流ししていたとか。

ところがある時正義感に溢れたゼルダ親衛隊の隊長であるリンクがそれに気づきハイラル王へ密告しようとするのをゼルダ姫が激昂して襲いかかり、リンクを瀕死状態にさせてしまったのです!
焦ったゼルダ姫はプルア婆と共に回生の祠へリンクを運び込んで蘇生させるとともに、回生の祠の蘇生効果の副作用を利用し記憶を消去したそうです。

しかし結局防衛費を横流しした件はバレてしまい、ハイラル王によって犯人探しが始まるとゼルダ姫は厳重に封印されていた厄災ガノンを解き放ち王国を崩壊させてその騒動でうやむやにしたのだとか。

シーカー族の中に協力者がいることも発覚し、自分が協力者だという事が発覚しそうになったプルア婆はイーガ団の連中に罪をなすりつけて小学生に姿を変えてハテノ村まで逃げてきたというのが真実らしいのです。


な、なんという恐ろしい事実・・・!ゼルダ姫とプルア婆の欲望によってこの世界は崩壊してしまったのです(;゚Д゚)しかもリンクが過去の記憶を失ってしまったのもゼルダ姫とプルア婆の仕業だったとは・・・。なんということでしょう!




???「ついに知ってしまったネ」



ゼルダの伝説BoW_323



プルア「だからあれほど日記を読むなと言ったのに・・・」


リンク「ち、違うんです・・・。悪気はなかったんです!」


プルア「人の日記を盗み見て悪気はなかったとは大胆な言い訳ですなぁ」


リンク「た、頼む!助けてくれ!」


プルア「そういう訳にはいきませんなぁ。とうぜん覚悟はできているよネ?」


リンク「待ってくれ・・・。許してくれ!!」


プルア「せいぜい己の愚かさを嘆くとイイヨ。じゃあまたね」


リンク「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」



「チェッキー!」


リンクが最期に目にしたのは不気味な呪文の声と黒服の中からニヤニヤ笑うおぞましい幼女の笑顔だった・・・。


ゼルダの伝説BoW_323_02






ゼルダの伝説BoW_323_03



リンク「・・・あれ、ここはどこだ?確か・・・なにかおぞましい目に遭ったような・・・」


リンク「っていうかなんで俺ハダカになっているんだ・・・?ん?なんか日記があるぞ・・・?これは・・・」



リンク「・・・!? あれ?なんか・・・変だな?軍事費がどうとかこうとか・・・書かれていたような気がするんだが・・・?なにか・・・内容が・・・違うような・・・?」



目を覚ましたリンクはなぜか見知らぬ部屋の片隅で真っ裸で倒れていました。いったい何があったのか、直前の出来事をどうも思い出せないリンクが慌てて服を着ながら目の前にあった日記を読んでみると大体以下のような事が記されていました。


・100年前、厄災ガノンが復活した際に瀕死のリンクがプルアの元に運ばれてきた。

・ハイラル王家とは因縁の仲だったが緊急事態なので協力して回生の祠へ運ぶ。まだ効果が実証されていなかったがリンクを眠りに就かせる事にする。

・大厄災から10年くらい経ってようやく研究再開の目処が立つ。シーカーストーンと基本アイテムの研究を始める。

・シーカーストーンの各機能は完成したがリンクが起きてこない。最近になって若返り機能「アンチエイジ」の開発が完成

・自分を実験台にしてみたが効果が強すぎて1週間で小学生に。加齢を進める「ブーストエイジ」のβ版が完成したものの、シーカーストーンの開発に必要な勇導石を動かす原動力の古代炉の炎が切れてしまい実装不可能に。

・勇導石のために古代炉の火を取りに行きたい。いいかげんリンクも起こしに行きたいが、この姿では外に出れないし爺さんの助手も頼りにならないので積みゲー。


という事が書かれていました。あれ・・・?こんな内容でしたっけ?もっとなにか衝撃的な事が書かれていたような・・・?


ともかく過去になにが起きたかはこれで把握したはずなので下の階に戻ります。すると、なぜかプルア婆に日記を盗み読んだことがバレていました。一体どうしてそれを知っているのでしょうか?

助手に改めて話を聞いてみるとシーカーストーンというのはシーカー族が世界を救うために作り出した万能機器で、基本アイテムというのはシーカーストーンに入れて使う機能のことを指すようです。今までリンクが使ってきた爆弾とかマグネットとかあるいは地図とかの事らしいです。
そしてそれらの全ては過去のシーカー族が作ったもので、プルアと助手は過去に作られたものを復元して使えるように研究していたらしいです。

しかし世界を救うためのアイテムとしてはどれも微妙に使い勝手が悪いんじゃないでしょうか?どうせ作るのなら服の中を透視するアイテムとかは作れなかったんでしょーか?
・・・いや邪な目的で使うわけではありませんよ敵の服の中に武器を隠し持っていないかどうか確かめるために必要なんですよ!(;`・ω・´)


現状のリンクのシーカーストーンにはその基本アイテムの中に欠けている物があるらしいのですが、それを再び入れ直すのに必要な古代炉の火が村にあって取りにいけないそうです。

プルア婆はリンクにそれを取ってこいと命令してきました。「同じ村の中なんだしそのくらい自分たちで取りに行けばいいじゃん」と思うリンクですが、先ほど日記を盗み読んだ後ろめたさもあったのでおとなしく従うことに。それになぜかこのプルア婆に逆らうと恐ろしい目に遭うという本能的な危機感を感じてしまうリンク。一体なぜこんなにプルア婆に恐怖感を感じてしまうのでしょうか?


ゼルダの伝説BoW_324
バリバリ思っていました。



そもそも古代炉とはなんなのか?勇導石とは一体どういうものなのかちゃんと教えてもらっていないのですが、まあリンクとしては細かい事は分からなくてもシーカーストーンさえ使えればいいのでおとなしく火を回収してきます。それにしても村の人もこんなものが村の中にあってなにか不思議に思わないのでしょうか?


ゼルダの伝説BoW_325



ゼルダの伝説BoW_326



火を灯すと勇導石というものが復活したらしく、祠や塔にあったのと同じような台座にシーカーストーンをはめ込むとこれも塔にあったのと同じような青く光る石から雫が垂れてシーカーストーンに新たに3つの機能が追加されました。


1つめの機能は「ウツシエ」。風景をそのまま絵にする機能です。これはまんま写真機能ですね。


ゼルダの伝説BoW_327
欠けていた四角の穴の最後の一つです。


2つめの機能はなんと「ハイラル図鑑」。ハイラル中で撮れるモンスターや装備、動物、食材なんかもウツシエを撮るだけで自動で登録してくれるという優れものらしいです。


ゼルダの伝説BoW_328
空のマスがたくさん追加されました。ボリュームは相当あります。



そしてもう一つは「アルバム」。撮った写真をそのまま保存してくれる機能らしいです。しかしすでにどこかの風景写真が入っています。一体これはなんなんでしょうか?


ゼルダの伝説BoW_329
公式場所当てクイズかな?



プルア婆に聞いてみても3つめの風景写真は予想外に混じっていたらしく、詳しいことは分からないらしいです。ただプルア婆が言うには100年前のシーカーストーンはまだ基本アイテムの開発が進んでいなくて機能といえば今追加した「ウツシエ」と「ハイラル図鑑」と「アルバム」しかなかったそうです。その当時シーカーストーンを持っていたのはゼルダ姫なのでゼルダ姫の側近だったインパ様に聞いてみればなにか分かるかもしれないとの事です。

プルアの話ではプルアと妹のインパ様はゼルダ姫にくっついていた側近だったそうですよ。プルアとインパ様はなんと姉妹なんだと!衝撃の事実です!まったく似ていませんね。っていうかインパ様って姉がいたのかよ!っていうかどちらかというとプルアの方が妹っぽいですよ!


ゼルダの伝説BoW_332
聞いていません!


ゼルダの伝説BoW_333
背丈や肌年齢からしてかけ離れていますしね


2人は性格がまったく正反対で、インパ様はその堅い性格からゼルダ姫の近くで執政官として腕をふるい、プルア婆は2人の元で研究開発をしていたとか。
しかしシーカー族とハイラル王家はたしか過去の出来事で仲違いしていたはずでは?それともインパ様とプルア婆だけがゼルダ姫と個人的に関わっていたのでしょうか?一体なにが2人とゼルダ姫を、堅実聡明な性格のインパ様はともかく、特に奔放なプルア婆とあのカチッカチッに堅いゼルダ姫を結びつけたのでしょうか?なにか2人に共通点が・・・、うっ、頭が・・・。


ゼルダの伝説BoW_334
服透視機能の追加は絶望的ですね。


そしてあと1人、当時プルア婆の部下だった人物がアッカレ地方の古代研究所にもいるらしいです。厄災当時を知っているシーカー族はもはやインパ様、プルア婆、そしてそのアッカレ地方の部下だけ?だとか。最初は3人ともカカリコ村に住んでいたそうなのですが、もしカカリコ村がガノンの手先による襲撃を受けて全滅してしまったらもうリンクに当時の事を伝える人間がいなくなってしまうので3人ともにバラけることにしたらしいです。
それなら100年も待たずにだれか1人くらいリンクを起こしに来てもいいと思うんですが。婆さんだからリンクを寝かせた場所を忘れちゃったのかな?それなら仕方ないですね

というところでプルア婆の長い長い昔話は終わりです。これでリンクに伝える事はもう全部伝えきったのでしょうか。じゃあもう思い残すこともないでしょうし全員成仏していいですよ


まあ長い話も終わりましたし先ほど入れたウツシエがちゃんと機能しているか調べてみるために初のウツシエチャレンジです。


ゼルダの伝説BoW_330
え?美少女なんてどこにいるんですか?心霊写真でも見たんでしょうか?



ゼルダの伝説BoW_331
後ろになんかこけしっぽいのが写っています。やはり心霊写真でした。


最初のウツシエは心霊写真になってしまったようです。これは幸先悪いスタートです。しかしここでめげてはいけません。まあこのハテノ古代研究所を離れれば今度は普通に撮れるでしょう。どうやら地縛霊のようですし・・・。



これでこの研究所での目的は果たしたかと思いきや、プルア婆はガーディアンから採れた古代の部品があるなら今のシーカーストーンをもっと機能強化してくれるようです。
できるのは爆弾強化、タイムストップ強化、そしてシーカーセンサーを強化できるようなのです!


ゼルダの伝説BoW_335
なんだと!



プルア婆の言うことによると、先ほどのハイラル図鑑に登録した画像をシーカーセンサーに設定することによりそれと同じ物を探してくれる機能を追加できるというのです!なんていう便利な機能でしょう!今までは試練の祠にしか使えなかったので持ち腐れになっていたシーカーセンサーですが他の物も探せるようになるとは。これでコログ探しも格段に楽になりますね

まず練習も兼ねて奥の助手さんからポカポカダケ探しを頼まれました。実際にポカポカダケを設定して探してみました。しかし近くにいくつも同じ物があると反応が分かりづらいです。


ゼルダの伝説BoW_336



ハイラル図鑑の個々の欄はこのようになるようです。


ゼルダの伝説BoW_337
同じ物を撮るとウツシエを更新できるようです。よりよい1枚を求めてコレクター魂を揺さぶります。



ハテノ古代研究所では一つ一つのウツシエもバラ売りしています。


ゼルダの伝説BoW_338
しかしこういうのは自分で探し出してコンプリートしたいですね。



チュートリアルのポカポカダケ探しでは思うような手応えを感じられなかったので研究所外にあったクワを登録しハテノ村のクワ探しで練習します。


ゼルダの伝説BoW_339



しかしこのシーカーセンサー、今まで祠探しに使ってこなかったので今になって初めて使ってみたのですが正直かなり使いづらいです!色々やってみた結果リンクの向いている方角に探しているものがあると反応するっぽいのですが、どれくらい離れているのか?という事が分からないようです。つまり今向いている方向にあるだろうという大雑把な探知しかできないのですよ!
ポケモンのダウジングマシンのような正確に座標に近いかどうか探知できるシステムではだめだったんでしょうか?だめでしょうね。広い世界から色んな物を探し出すのがBoWの遊び要素のひとつっぽいですし。

しかもこれ、コログ探しには使えません!コログをハイラル図鑑には登録できないのです。なぜだ。あいつらは生き物じゃないのか・・・!?


ゼルダの伝説BoW_340
センサーの微妙な不便さに苛立って壁殴りするリンク。



コログセンサーという夢破れた微妙に使い勝手の悪いシーカーセンサー強化でしたが、残りの2つの機能強化はまあまあ役に立ちそうな強化でした。

爆弾強化は確かに爆発範囲が広く再使用時間が短縮されています。もっともリンクが爆発範囲に巻き込まれる可能性も増えました。それでも広範囲爆破は実に便利です。


ゼルダの伝説BoW_341
爆発の威力も強化されているらしいです。実感できるほどではありませんが。


タイムストップは今までは鉄製の物体にしか効果なかったのですがこれからは邪悪な存在に対しても効果を発揮するそうです。使ってみると確かにモンスターの動きを止められることが確認できました。これは今まではなかなか使う場面が少なかったので良い強化です。


ゼルダの伝説BoW_342
とはいっても戦闘中にうまく敵を狙って止めるほどの余裕があるかどうかはまた別ですけれど。ちなみに骨だけでなく通常モンスターにも有効です。



さて、これでインパ様に言われたシーカーストーンの修復は済んだようです。プルア婆によるとこれ以上基本アイテムの強化はできないらしいですし、さらに新たなアイテムが追加されたりより上の強化はない感じですね。しかし皆さんも思いませんか?


このカメラ機能が神獣の攻略に必要だったのか?


うん、うん。皆さんの言いたいことも分かりますよ。たしかに旅をするのに現地で写真を撮るのは楽しみの一つですし、図鑑を集めていくというのも実に楽しい遊びです。この要素があるだけでオープンワールドゲーの奥深さがぐっと増すこと間違いなしですセンサーがあればアイテム探しも捗るでしょうし、爆弾やタイムストップ強化も戦闘で役立つでしょう。

しかし、シーカーストーンが本来の能力を発揮していないと聞けばもっと物凄い強化を期待するのも人の自然な性というものではないでしょうか?そう、例えてみればかつて魔王を倒した今は使えない折れた剣を鍛え直し、再びその刃に光が反射して最強の剣となるように!

ところがこれはどうでしょうか?私をさんざん期待させておきながら追加されたのは旅行便利グッズですよ

この強化を言ってみれば「お弁当も持ったね。サイフも、お土産も、忘れ物ないわね?そうそう、ついでにガイドブックもつけてあげるよ」ってな感じですよ!!もっとものすごい機能が追加されるに違いない!という俺のワクワクを返せ!(`ω´*)

というわけで愚痴りタイム終了。私が期待していたのとは若干方向性の違うシーカーストーン強化でした。まあ図鑑を集めていくのは楽しそうなのでこれはこれで良しとしましょう。コログ探知機能が付かなかったことは絶許だけどな!


ともかく次回はアルバムが追加された時に最初から入っていた謎の風景写真についてインパ様に尋ねに行くとします。一体あの写真は何なのでしょうか?インパ様とゼルダ姫が隠した宝物の隠し場所とかでしょーか?


BoW場所当てクイズ_タイトル02


今回は前編・ハテノ村、後編・ハテノ古代研究所とずいぶん長編になってしまいましたが、前編後編まとめての第十一回目BoW場所当てクイズです。場所はこちら。ジャジャン!


BoW場所当てクイズ_第十一回目


範囲はもちろんハテノ村のどこかです。まあすぐ分かるかと思います。ではまた次回!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する