FC2ブログ
思うがままにならない人生、せめて日々のんびり適当に生きたい。そんな私のブログへようこそ。
2018年03月06日 (火) | 編集 |
MoE_注意書き01

MoE_注意書き02



みなさんこんにちは。ダイアロス島では働き者のひまびとです。

ここのところずっと先週あたり~今週までのプレイ日記を書かなければ、と思っていたのですがなかなか書く気になれません。というのはネトゲはPS4やニンテンドースイッチのRPGのようなストーリーがあるゲームではなく、各地のボスを倒しに行ったり狩りをしてお金を稼いだりというような散漫なプレイがプレイ時間のほとんどを締めているからです。特にMoEはそうです。こういうのは内容にまとまりがなくて書きにくいんですよね~。

特にそのゲームをプレイしたことのない方にとっては各地での出来事を紹介されても何をやっているのか分からない場合も多いでしょう。そんな記事では読んでいても面白さを感じない可能性もあるのではないか、と始終悩んだ結果、そもそもこのゲームの舞台であるダイアロス島の紹介をしていないじゃん!という結論に至りました


というわけで今回からダイアロス島の各地を紹介していきたいとおもいます

まず第一回目の今回はダイアロスに流れてきた旅人が最初にたどり着くであろう町、城下町ビスクをうちのモンデキントちゃんと一緒に観光していきましょう!



モンちゃんと行くダイアロス観光


------------【続きはここから】--------------

ダイアロス島はMoEの世界の辺境にあると大陸中で噂されていた未知の島です。常に嵐に阻まれ外界から閉ざされているその島にはお宝が眠っているとずっと昔話で語り継がれてきたのです。
MoEに訪れる旅人はそのダイアロスを目指して船でやってきた冒険者です。しかしダイアロスにたどり着く直前で嵐に飲まれて死んでしまいます(!)
そこをダイアロスにはるか昔から住んでいたモラ族の長老イーノスに助けられ蘇生されてめでたく迎えられるのです。

その後チュートリアルを受けて3つの町のどれかに送り出されます。旅人の初めての拠点となる「城下町ビスク」、「ネオク山」、「地下墓地」のどれかを選択することが出来ます。以下その特徴を簡単に説明すると


・城下町ビスク・・・ダイアロス島最大の町。色んな施設が揃っていてPCの露店も多く賑わっている。特にこだわりがないならここがおすすめ。

・ネオク山・・・ネオク山とネオクラングという2つのエリアに分かれている。ビスクに比べると人は少なめだが生産ギルドが充実しているので生産したいならここでもよい。

・地下墓地・・・薄暗い墓地。マブ教というヤバい宗教が占領していてギルドは闇の力の使い手「暗使」のみ。闇の世界で生きたい厨二病患者におすすめ!


という感じです。えっ、地下墓地がいい?なるほど。将来有望なお方ですねしかし今回は城下町ビスクの案内をします。地下墓地はそのうち登場すると思うのでしばらく辛抱してお付き合いください。


以前もちらっと話しましたがダイアロスの各地は「アルター」というモラ族の作り出した転送装置で繋がっており、どこを選択してもすぐにアルターを通して別の場所に移動できるので真剣に選ぶ必要はありません。城下町ビスクを選択するとまずビスクアルターのあるビスク中央に飛ばされます。


MoE_180305_01.jpg
中央のでっかな塔がアルター。各地に同じようなものがある。


これも以前話しましたがそもそもこのダイアロス島はモラ族が最初に住んでいて、彼らは他の種族にはない高度な魔法や秘術を使って生活していました。そこにどこから来たのかは知りませんがエルガディン人(略称:ELG)が攻め込みダイアロスを支配、さらにその後大陸の大国ドラキア帝国から来たビスク人(略称:BSQ)が侵略したという経緯になっています。

城下町ビスクはそのビスク人の作った町だけあってほかの拠点とは比較にならないほど広く、エリアは中央・西・東・港・北西に分かれています。ビスクに訪れた旅人が最初にいる場所は中央です。


MoE_地図_ビスク中央




中央のアルター正面から降りるとまず巨大な石板が目に飛び込んできます。


MoE_180305_02.jpg



この石板はハチ公前のように待ち合わせの定番場所になっていたり、公式イベントがある時にはイベントキャラがここに出現したりします。現在はささみという焼き鳥ひよこのGMがいつもここにいて1日1回受けることのできる日替わりのクエスト「デイリークエスト」を受注することができるようになっています。
デイリークエストを達成するととコインが貰えて、コインを集めると色んなアイテムと交換してもらえます。クエスト内容は簡単で初心者でもできるようなので気が向いたら引き受けてあげましょう。


MoE_180305_03.jpg




イライラした時は炎の魔法で焼き殺すことも出来ます。イライラした時のささみ焼きはMoE民の日課です。


MoE_180305_04.jpg
初心者でも使える「マイナーバースト」の魔法は近くの魔法研究所で売っている。焼きたくなったらGO!



石板の後ろからはドラキア帝国の国教であるラル・ファク教の教会に続いています。ここに魔法ギルド・アルケィナの本部もあるのです。


MoE_180305_05.jpg



彼女がアルケィナのギルドマスター、おしっ娘フレッサです。


MoE_180305_06.jpg



頼りない発言が目立つフレッサですが、そのアイドル性とギルド員の底力によりビスク二大ギルドの片翼として成り立っています。なにしろアルケィナギルド員は非常に役に立ちますからね!数々の破壊魔法に回復に強化にアルターまで出せる。パーティに無くてはならない存在です


教会にはミスト様という方がおられます。フレッサ及びアルケィナの監督役みたいな立場のお偉い方です。


MoE_180305_07.jpg


このミスト様はかつては白い服に身を包んだ常に威厳を放っていたお方でしたが、ある時のアップデートで急に可愛らしいにゅたこ化メガネっ娘化してしまいました。今のより親しみを感じるお姿もよいのですがかつての威厳と風格のある凛々しい姿が忘れられないMoE民も多いとか。なにを隠そう私もその1人です
その過去の姿を見たことのない新規の方はこちらから拝見することが出来ます。感動するか幻滅するかは分かりませんが・・・。怖いもの見たさで見たい方はリンクを飛んでこっそり見てみてください。まあ世の中には知らないほうが良いという事もあると思うのでよく考えてからどうぞ。

→ Ownerの外部Log『ミスト様に謁見してみよう』

※にゅたこ・・・種族ニューターの女は通称で「にゅたこ」と呼ばれている。一部では「だっち」とも。語源は・・・想像してください(笑)分からなくても絶対ググるなよ!絶対だぞ!

 
さて、ビスク城下町の各エリアにはそのアルケィナが設置したマナポーターというものがあります。これは簡易版アルターのようなもので、マナポーターを使って城下町ビスクのあちこちを移動できるのです。ビスクは広い町なのでとても助かります。アルケィナの魔法力によってビスク民の快適な生活は支えられているのです。ただしこれがあるのは城下町ビスクだけです。他の町にも設置してくれ!


MoE_180305_08.jpg



中央エリアには魔法研究所もあります。ここでは魔法を使う際に消費する触媒と魔法そのものが封じられた「ノアピース」が売っています。ノアピースを使用することで魔法を覚えられ、触媒とMPを消費することで魔法を唱えられるのです。MoEではこの魔法の触媒消費システムのために魔法キャラはひたすら金がかかります。触媒は基本的には4種類+1種類で、高度な魔法ほど良質な触媒が必要です。まあそれだけの効果もあるのですが。それがゲーム内マネーが増え続けるのを防いでいて良いという声もありますが。

触媒を使い切ってしまうと魔法を一切唱えられなくなってしまうので出かける際には触媒の確認を忘れずに!


MoE_180305_09.jpg
NPCが売っているノアピースは低スキル帯の魔法だけなので高スキル帯の魔法が欲しくなったら家Ageに行って購入しましょう。



魔法研究所の前の道は西と東に分かれているのですが、東に向かうとビクトリアス広場という場所に出ます。ここはかつてのビスクVSエルガディンの戦争で活躍した英雄たちの石像が飾られている広い場所です。しかしそれ以外には特になにもないので普段PCは誰もいません。


MoE_180305_10.jpg




いつもビクトリアス広場で佇んでいるこの彼はデービッド。每年バレンタインの度に彼女に振られるモテない我らの同胞と言える男です。彼女がいる時点で俺らよりモテてるじゃねーか!同類みたいな顔してんじゃねーよ!!(`;ω;´)とか言ってはいけません。私はバリバリ言ってますが。


MoE_180305_11.jpg
年によっては「イケメン」とかいう怪物が出現することもあります。数年離れていたので最近のイベント内容は知りませんが・・・。



普段はなにもないこの広場ですが、中央の噴水には地下水道ワンダーランドに繋がる隠し通路があります。ここにPCが訪れる時の大抵の目的はワンダーランドへ遊びに行くときです。しかしワンダーランドは広くて臭くて敵も強くて迷子いっぱい!危険いっぱい!なので初心者の方は古プレイヤーの引率付きか、それがなければ命チケットと引き換えで遊びに行く覚悟で行きましょう。


MoE_180305_12.jpg
水路の先はネズミーランドやガイア血煙工場があなたを待っている!



魔法研究所の道を西に折れると西エリア、ダイアロス中で最も賑わっている場所に出ます。かつてはいつ来てもそこら中が露店だらけでまるでお祭りのようだったのですが、今は人がすっかり離れてしまったようで閑散としています。寂しいものです(´・ω・`)


MoE_180305_13.jpg




ビスク西エリアのメイン施設は西銀行、武閃ギルド、ジオベイ闘技場、あとは鍛冶広場くらいでしょうか。西エリアと北西エリアは一緒のエリアとして扱われることが多いのでここでも一緒に紹介します。


MoE_地図_ビスク西



広場にはガチャが置いてありました。私が数年前プレイしていた時にはなかった物なので初めて見た時にはびっくりましたね。これは公式サイト上のガチャと違うゲーム内マネーで遊べるガチャらしく、ここでしか手に入らないアイテムもあるという噂なので是非チャレンジしてみましょう。・・・お金に余裕があれば(笑)


MoE_180305_14.jpg
こういうゲームマネーを注ぎ込む目的になる物があるとやる気が促進されるので良いですね。ネトゲは多くの場合ゲーム内マネーが貯まりすぎてインフレするという話をよく聞きます(笑)



ここがMoE内で最も多く使われるビスク西銀行です。数年前はこの辺露店だらけだったんですが見ての通りガラガラです。P鯖は鯖の順番によりまだ人が多い方なのですがE、Dは壊滅的ですね
しかし最近はなぜかニコニコ動画でMoEの動画配信をする方が急に増え出しているようですし、いずれ多くの復帰者や新たな冒険者が集まってかつての賑わいを取り戻すことでしょう。・・・わたしはそう願っています。


MoE_180305_15.jpg



ところで各鯖ごとに定点露店がいてそれが各鯖の特徴的な雰囲気作りの一員を担うオブジェの役割を果たしているようです。もしダイアロスを訪れた方は各鯖を覗いてみて特徴を比べてみるのも面白いかもです。まあ今から遊ぶならオススメは一番人の多いP鯖ですが!E鯖に来て私と遊んでくれてもいいですよ。対人恐怖症なので即逃げしますけど!
ちなみにE鯖ではにゅたこの形をした飲料自動販売機が各地に設置されています。暇な方は探してみてください。ボタンは胸の辺りです。


一般的に鍛冶広場と呼ばれている鍛冶師がよく使っている溶鉱炉や金床のある場所の階段を降りていくと場の雰囲気が一変します。賑やかな雰囲気のある西銀周辺と違いなにやら身が引き締まるような勇ましい空気感のある広場に武閃ギルドがあります。


MoE_180305_16.jpg
武閃ギルドのマスター(名前忘れた)は勇ましい漢。セリフやクエスト名もかっこいい。シップ装備(特に防具)もけっこう強いので愛用する人もいます。


ここでは各武器スキルやキック、盾などの技書を売っています。魔法にマナピースがあるように技も技書と呼ばれる書物を使用して技を覚え、スタミナを消費して技を使うのです。
また武器を使って戦いたい人は武閃ギルドに入っておくと専用シップ装備を貰えたり色んなクエストを受けられたりと冒険が楽になるかもしれません。


さて、西エリアから行ける北西エリアは大きく2つに分かれています。まず武閃ギルドの前から行けるジオベイ闘技場。ここはPC同士で模擬戦を行なうことができるほか、カッパー製の武器も売られています。PC露店では低スキル帯の武器はなかな売られていないので(低スキル帯はすぐに成長してしまってより上位の武器に切り替えていくため)スキル上げの初期はここで武器を買うとよいでしょう。


MoE_180305_17.jpg
Warage(通称:ワラゲ)という戦争している対人エリアではPC同士で戦えますが通常ではPCに攻撃はできません。この闘技場では模擬戦として殴り合いができるのです。


この闘技場の支配者はかつてのビスク・エルガディン戦争の英雄であるアクセル殿です。非常に血気盛んな猛将であり平和主義者のアルケィナ及びラル・ファク教と対立している御仁です。会いに行ったらサインを頂いておきましょう。


MoE_180305_20.jpg




西銀の前を通って北西エリアに行くと大きな台座がある場所に出ます。ここは普段は特に何かある場所ではありませんがイベントなどで使われることはあります。


MoE_180305_18.jpg




この台座のあるエリアの先に進むとイプス渓谷に出ることができます。そのイプス渓谷にダイアロスにいるビスク人の(表側の)支配者であるイルミナ女王がおわすイルミナ城がそびえ立っているのです。


MoE_180305_19.jpg



このイルミナ城の上空に浮いているひし形の石、これこそがこの物語の中心である「ノアストーン」です。大いなる魔法の力を秘めた秘石。元は古代のモラ族が使っていたものらしいのですがそれをエルガディン人が奪い取り、さらにエルガディン人からビスク人が奪ったという争いの元の呪われた石(笑)
イルミナ女王はこのノアストーンの力を自在に使えるようにするために城に引きこもって毎日なにやら怪しい事をやっているようなのです。私も魔法の力を引き出すために何年もお家に引きこもっているのです。最近になってようやくひまびと流魔法「ボッチデ・モ・サビシクナイモン」を使えるようになりました。嘘です。寂しいです

ちなみに魔法に使う触媒はこのノアストーンからこぼれ落ちた粉末らしいですよ。つまりダイアロスに存在するあらゆる魔法はノアストーンの力が根源であり、この石がなければあれらの魔法は一切使えないということになります。ということはダイアロス島の外の世界には魔法自体が存在しないのかもしれません。そりゃ血眼になって奪いに来ますってもんですね



さて次は港エリア。港エリアも大別すると2つに分かれており、西側の初心者キャンプがある「海蛇の隠れ家」と呼ばれるエリアと港のある東側エリアです。


MoE_地図_ビスク港




港エリアでメインで利用されるのは西側でしょう。重要な施設は全部西側にあります。ビスクに流れてきた初心者はまずここへ案内されて冒険のいろはを教わることになります。


MoE_180305_21.jpg
銀行と初心者向けショップが揃っています。一番初めはここで必要な物は大体揃うでしょう。


海蛇の隠れ家には初心者さんに食料と包帯を無料で配ってくれるマリエルさんがいます。初めは彼女から遠慮なく配給をいただきましょう。マリエルさんのような初心者に配給してくれるNPCは地下墓地にもネオク山にもいるので場所を覚えておくと便利です。
ただしある程度成長して強くなるともう配給をもらえなくなります。それ以降は自力でファイト!


MoE_180305_22.jpg
時々マリエルさんの横で武器を売っているPCがいたりします。そういう人は初心者支援の生産者です。ありがたく装備を貰っていきましょう。



海蛇の隠れ家にいるもうひとりの重要な人物は「ソウル・バインダー」です。


MoE_180305_23.jpg



ソウル・バインダーはマブ教が派遣している闇の術士でダイアロスの各地におり、彼らに頼むと魂の帰還ポイントを登録してくれます。ダイアロスのどこかで死亡した時は魂が最後に登録したソウル・バインダーの元に戻されるのです。そこから死体のある場所へマラソンして死体回収をしなければなりません。
ソウル・バインダーに頼むと死体を自分のいる所まで引き寄せてもらえるのですがその際にスキル値をごっそり減らされます。苦労して上げたスキル値を取られると手痛いので出来る限り自力で回収したいのですが、死んだ場所がソウル・バインダーから遠すぎると移動するのすらも大変でドウスレ・バインダーとならないように狩り先でこまめにソウル・バインダーに登録するクセをつけましょう。

この海蛇の隠れ家を通ればめでたく(?)多くの初心者が最初に足を踏み入れるであろうフィールド、ミーリム海岸に出ることができます。最初は適当にベビースネークを殴っているだけでスキル値がばしばし上がるので(もちろんこんなペースで上がるのは最初だけです)この辺を行ったり来たりしながら修行に明け暮れましょう。



港エリアの東側は広い港になっているのですが常に静寂に包まれています。


MoE_180305_24.jpg




ダイアロスは年中嵐に囲まれていて外海と自由に行き来できないとかPCが頻繁に利用するような施設が特にないとかという理由もあるのですが、やはりその一番の理由はダイアロスを旅する冒険者たちから恐れられているあの闇の組織があるからでしょう。


MoE_180305_25.jpg



シェル・レラン。料理ギルドという表向きいかにも普通なギルドを装っておきながら裏では謎肉召喚師を暗殺したり料理に毒を混ぜて知らずに食べた旅人を鹿や蛇にしてしまったりとイーゴ(ラスボス)も真っ青の恐ろしい活動を行っている一味です。

特にそのボス、シレーナ様は表向きの支配者イルミナ様の裏からダイアロスを支配している陰の支配者であると噂されており(実は同一人物なのではという声も)、その存在感から謎肉召喚師や魔法使いたちだけでなくギルド員からも恐怖と憧憬の目で崇められているのです。


MoE_180305_26.jpg
シレーナ様の圧倒的なオーラに隣のカマロンさんもドン引いてますよ。



まあこの近辺はレラン員か死にたい人以外には特に用はないでしょう。近づかないことをおすすめします(^ー^)


最近になって港に船が漂着したようです。私がちょっとダイアロスを離れていた間の出来事だったので詳しい事は知らないのですが海の中を冒険できるらしいです。まだ行ったことないのでいつか行ってみたいな~(ボッチだから行けない)。もし行くことがあったらレポートするかもしれません。


MoE_180305_27.jpg
かなりの高難度ダンジョンらしくパーティ推薦らしいです。指を咥えて見ているしかないボッチ勢。



さて最後はビスク東。ここは南の道がレクスールヒルズへの通り道として使われているくらいで北部分はほぼ利用されていません。枠拡張クエストの時に立ち寄るくらいです。


MoE_地図_ビスク東



MoE_180305_28.jpg
メインで使われている南側通路。通り抜けるだけなので露店も少ない。



北にいる滝にはダイアロスで流通している架空通貨「チップ」で詐欺を働く双子姉妹と貴族がいます。初心者は騙されて羽根というゴミと交換されがちなのでよくよく気をつけましょう。プリミュラ許すべし!


MoE_180305_29.jpg
冒険者には必須のアイテム枠・銀行枠拡張アイテム「チップ」。その弱みに付け込んで巻き上げられる被害者が後を絶たない。



こいつがその貴族野郎ですよ。フードで顔なんか隠しやがって。成敗してやる!


MoE_180305_30.jpg




北の立派な酒場も誰も寄らないので毎日閑古鳥です。特にめぼしいものがないのでネタ動画を撮る時かこっそり逢引したい時くらいしか使われません。


MoE_180305_31.jpg




酒場の裏には夜になると謎の怪盗が現れるようです。彼に接触してみるとなにやら怪しい依頼を受けるかもしれません。


MoE_180305_32.jpg




ということでだいぶ長くなってしまいました、ダイアロス観光案内・城下町ビスク編。しかし広いビスクの町にはまだまだ秘密があります。隠し通路とか魔神とか。皆さんもビスクに来た際には町を探索してみてください。何か面白い物(もしくは面白い格好の住人)が見つかるかもしれません。



では今回もMoE珍百景をお送りします。

最近のMoEは復帰者や新たに流れ着いた旅人が徐々に増えてきて多種多様な人種を抱えたカオス空間になりつつあります。いや元々そうだったかな(笑)
今回は私が町で見かけたそんなカオスな人たちの一部を紹介したいとおもいます。



MoE珍百景_010
ハムスターも武装する時代。




MoE珍百景_011
魔物も降臨します(いつものこと)。




MoE珍百景_013
某漫画からの使者も遊びに来ています。微妙なコスプレ加減。さてはアンチだなオメー。




MoE珍百景_012
ド◯えもんまでやってきたようです。運良く遭遇したらどこでもドアを出してもらいましょう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する